NIKKOR 50mm f1.8G 02 by Studio Lazuli

単焦点レンズNIKKOR 50mm f/1.8Gの特徴

単焦点レンズは焦点距離が固定されているレンズのことを指し、NIKKOR 50mm f/1.8Gは焦点距離が50mmに固定、開放F1.8のレンズです。ズーム機能がなく、焦点距離を変えることができないので、イメージ通りの構図で撮影するためにはカメラマン自身が適切な位置に移動して撮影を行う必要があります。なぜズーム機能がない単焦点レンズを使用するかというと、このレンズにはズームレンズにはない「明るさ」「ボケ味」「描写力」という3つの大きな魅力があるからです。単焦点レンズはある焦点距離に特化したレンズ設計されているため、ズームレンズにはない空気感・奥行感を演出することができます。そのため、私はポートレート撮影・スナップ撮影でよく使用しています。

オルセー美術館前で実際にスナップ撮影

日曜日はこのレンズを装着し、オルセー美術館前のLes Berges de la Seineというセーヌ川沿いを散歩してきました。このエリアは最近改装されて、川沿いにアラン・ドロンやカトリーヌ・ドヌーブといったフランスの有名俳優たちの写真が展示されていたり、バドミントン・卓球・ボードゲーム・社交ダンスを無料で誰でも楽しめるように遊び道具を貸してくれたり、スペースを開放してくれているので、日曜日に殆どの店舗が閉まってしまうパリでは家族や友達たちとゆったりした時間を過ごすのに最適なエリアとなっています。

まとめ

写真をご覧になっていかがでしょうか?
単焦点レンズ特有の「明るさ」「ボケ味」「描写力」の魅力をご理解頂けたのではないでしょうか。このようなスナップ撮影・ポートレート撮影をご希望でしたらStudio Lazuliまでお気軽にお問い合わせください!

 

オリジナル記事のURL : http://studiolazuli.com/blog/photography/fixed-focal-length-lens-features.html