『ブローニューの森』で女性ポートレート撮影

フランス・パリ西部にあるブローニュの森でソフトボックスを使った女性ポートレート撮影を行いました。
ブローニュの森の湖に浮かぶ一つ星レストランLe Chalet des Iles(ル・シャレ・デ・ズィル)を背景に撮影開始。

本日使用したSigma 85mm ArtはDxOMarkスコアで高性能なツァイスのMilvus 1.4/85やOtus 1.4/85を超えると高く評価されているレンズだけあって、解像感やボケ具合も素晴らしく、逆光耐性も優れているのでポートレート撮影に最適なレンズです。撮影時間帯は21時頃だったので太陽がだいぶ傾き、西日が強い状況でしたが、このレンズなら全く問題なし。日暮れ時の太陽とソフトボックス&ストロボ1灯をクロスライティングで活用し、女性モデルの顔にはソフトボックスで柔らかい光を当てて、半逆光の太陽光で髪の毛のシルエットを美しく描くことで理想的な光を作ることができました。また、Sigma 85mm Artなら奥に映るレストランのランプ群を美しい玉ボケで表現できるのでお気に入りのレンズです。

初夏のパリの心地よい夜風が感じられる写真になったかと思いますが、皆さんもフランス・パリ近郊を訪れる際に思い出としてこんなポートレート撮影にチャンレンジしてみてはいかがでしょうか?

ご興味ございましたら写真撮影質問リストのページからご連絡ください。

レンズ:Sigma 85mm Art
焦点距離:85mm
シャッタースピード:1/250
絞り値:f/2
ISO感度:100
アクセサリー:ソフトボックス&ストロボ1灯